MEMOPATCH

【Podpatch#11】『レター』で有名なROLLCAKE株式会社UI / UX デザイナー伊野亘輝さん登場!(後編)

podpatch111

こんにちは!先週配信しましたPodpatch#10をお聞き頂けましたでしょうか?前回の続きを今回配信させて頂きますので、前回を聞いていない方はこちらを要チェックです!

Podpatch#11 with INO Noriteru from ROLLCAKE Inc.Part2

SoundCloudで聴く iTunesで購読する

RSSフィードを購読する : http://feedpress.me/podpatch

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ProttのiOSアプリを10月にリリースします!

memopatch

UIデザイナーの間で、プロトタイピングツールが話題になっています。プロトタイピングはデザインプロセスの中で重要な部分ですが、Goodpatchは既存のプロトタイピングツールに物足りなさを感じていました。そこで、自分たちのために、そして同じような悩みを持つデザインチームのためにプロトタイピングツールを作ることにしました。それがProttです。そして4月のベータ版リリースから半年、Goodpatchは10月1日にProttのiOSアプリをリリースします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイディアを音と映像で伝えるビデオプロトタイピング

v_eye

皆さんは頭の中にあるアイディアをどのようにカタチにして人に伝えますか?

先日クライアントに新規サービスの提案をした際に、口頭で説明しながらスライド一枚一枚を見せ、紙芝居のようにプレゼンをしました。けれど今振り返ってみると、スライドではなくビデオプロトタイピングを試してみたら良かったかもしれません。自分が話さなければそのスライドの資料は成り立ちませんが、音と映像に残しておけばクライアントが後から見返すことも出来ますし、持ち帰ってより多くの人にアイディアを伝えることも可能になるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからのUIデザインのために、デザインカンプをやめてプロトタイプを作ろう(後編)

ui-du

UIデザインの新しいワークフローを作るために長谷川恭久さんとの共同プロジェクトとしてスタートした“Patch Project”。導入部分として長谷川さんにお話頂いたワークフローの提案について「これからのUIデザインのために、デザインカンプをやめてプロトタイプを作ろう(前編)」として記事にしました。後編となる今回は、デザイナーがするべき雰囲気のデザイン、また具体的なワークフローについての話をまとめていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからのUIデザインのために、デザインカンプをやめてプロトタイプを作ろう(前編)

ui-ec

先日、長谷川恭久さんとの共同プロジェクト、“Patch Project”がスタートしました。これはUIデザインの新しいワークフローを作るために立ち上がったプロジェクトです。これまでのワークフローを見直して、より良いUIを作っていくためにはどうするべきなのか、実際に何かのUIをデザインしながら模索していきます。そのプロセスや結果はどんどんオープンにしていきますのでお楽しみに!

まず今回はその導入部分として、ワークフローの提案について長谷川さんに話して頂いた内容を記事にしました。前編では、デザインカンプをやめてプロトタイプを作るべき理由を中心にまとめています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加